【モノトーン部屋のつくり方】参考にしたい海外インテリア10選

ホワイトインテリア モノトーン部屋

モノトーン部屋は白や黒・グレーを基調にした部屋なのでスッキリおしゃれ見せるという魅力があります。そのためモノトーンな部屋はインテリアづくりが苦手な人誰でもセンスアップできると人気。

どんなコーディネートがおすすめ?と迷ってしまったときは、ステキなモノトーン部屋をつくっている海外のインテリアを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

モノトーン部屋のつくり方

ホワイトインテリア

モノトーン部屋を作るポイント

  • 白、グレー、黒をメインにする
  • 広いスペース・大きな家具には白やグレーの色を使う
  • 引き締めカラーで黒や濃いグレーをプラス

モノトーン部屋をつくるときは白、グレー、黒の3色をメインカラーとしてコーディネートします。柄物はあまり取り入れずシンプルにきめるとおしゃれに見えます。

広いスペースや大きな家具は淡いカラートーンの色を使うと圧迫感のない空間をつくれます。黒や濃いグレーは差し色として空間にメリハリをつけたいときにプラスするのがおすすめです。

マネしたくなる海外のモノトーン部屋10選

白・黒・グレー基本の3色でコーディネート

モノトーン部屋にはグレーや白の壁を使うと広々とした印象の部屋づくりができます。そこへ黒の収納アイテムやラグマットをプラスすると完璧なモノトーン部屋のできあがり。

オープンシェルフは見せるインテリアとして活用。収納したいアイテムを置くのではなく、魅せる空間をつくれるデザインアイテムを置いてみると素敵です。

海外インテリアをマネしたいなら絵を飾る

海外インテリアを参考にした部屋がつくりたいなら壁に絵を飾るのがおすすめです。デザイン性の高い絵を飾ると日常にはない空間を演出できます。

モノトーン部屋をつくるポイントは絵のチョイスもモノトーンカラーにすること。カラーで差し色をしても良いですが、モノトーンで統一したいならグレーや黒を使った絵をプラスした方がまとまりのあるインテリアになります。

リビングのソファは白やグレーがおすすめ

リビングに置くソファは白や淡いグレーのカラーがおすすめです。淡い色や白は膨張色なので部屋を広々と見せる効果があります。白を使うと清潔感のあるさわやかなお部屋に。グレーを使うと大人っぽいシックなお部屋に。

白やグレーと言っても色合いによって印象が異なるので作りたいイメージに合わせてカラーを選ぶと良いですね!

サブウェイタイルで海外風キッチンをつくる

インテリア好きの間で超人気のサブウェイタイル。白タイルを使うとあっという間に海外風のキッチンに早変わり。白を基調として、アクセントに引き締めのブラック、あたたかみのある木製アイテムでコーディネートすると人気の北欧風キッチンに。

キッチンの模様替えを自分でしたいときは、壁紙だけ変えてもガラッと雰囲気が変わります。

キッチンで見せるインテリア

キッチンで見せるインテリアをしたいときは、壁掛けシェルフに食器や調味料、キッチンアイテムを並べるとおしゃれに見せれます。見せるインテリアづくりに挑戦してみたいときは、「使いやすい白、黒、グレーのアイテムを選ぶ」「置きすぎない」この2つに気をつけると◎

どうしても置きすぎてしまう、ごちゃごちゃして統一感がないというときは、まずはマグカップだけなど種類を少なくして飾ると誰でも素敵に見せられます。

子ども部屋もモノトーンでまとめる

生活感の出がちな子ども部屋もモノトーンでまとめると落ち着きのある素敵なインテリアになります。子ども部屋をモノトーンでまとめるときのポイントは、白をたくさん使うこと。濃いグレーやブラックの面積が広いとどうしても暗く見えがちになってしまいます。

小さな子どもの部屋をつくりたいときは、白を基調として明るく子どもらしさを残した部屋にすると良いかもしれません。ガーランドを飾るとさらにかわいい子ども部屋がつくれます。

ブラックを基調にしてかっこよく

大人っぽい、かっこいいインテリアをつくりたいときは、黒を基調としたコーディネートがおすすめ。黒を使った壁紙は大人かっこいいイメージに、合わせる色はグレーやネイビーなどを使うとまとまりの良い黒インテリアになります。

収納家具がシンプルなスチールロッカーというところがとてもスタイリッシュ。マネしたい海外インテリアです。

グレー×木製でやわらかなモノトーン部屋に

グレーカラーの面積を広くとると女性らしいやわらかい雰囲気を演出できます。同じモノトーン部屋でも木製アイテムをプラスすることでシンプル過ぎないあたたかみのある空間になります。

リビングや寝室などどこにでもぴったりなカラーコーディネートです。

デスク周りはモノクロで統一

デスク周りを白×黒のモノクロカラーで統一するとごちゃごちゃしません。作業をしたい書斎やデスク周りはできるだけシンプルにまとめるのがコツ。物を置きすぎず清潔感を出すことで毎日の作業も効率的に進められます。

寝室づくりは清潔感とベッドメイキング

海外風のおしゃれな寝室をつくりたいときは、シーツやまくらカバーは白ものがおすすめ。白のシーツは清潔感を出せるのでホテルみたいな寝室をつくれます。ただ、白いシーツだけでは少しチープに見えてしまうので、アクセントカラーのあるクッションをプラスしたり、ブランケットを追加すると素敵なベッドメイキングが完成します。

海外風モノトーン部屋をつくるおすすめアイテム

モノトーン部屋にぴったりのグレーソファ

出典:https://item.rakuten.co.jp/dplace/nts-61_/

モノトーン部屋に置くならライトグレーのソファがおすすめ。白だと汚れが気になる、黒だと圧迫感が出てしまう。丁度良いカラーがライトグレーです。

明るめなグレーはどんなインテリアにも合わせやすいのでモノトーン部屋はもちろん、模様替えをしたくなったときにも活用できるため長く使える魅力的なソファです。人気の北欧風インテリアにもぴったりのソファです。

【防水】サブウェイタイル風の貼るだけシート

出典:https://item.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/rkcs-stp-2/

キッチンやダイニングを手早く海外風インテリアにしたいときはタイルシートを使ってみてください。本格的な作業ができなくてもOK!貼るだけなので誰でも手軽に壁を模様替えできます。

こちらのタイルシートは防水対応なので水周りにもおすすめ。水拭きでお手入れできるのでキッチン回り向きのシートになっています。

大判マルチブランケット

出典:https://item.rakuten.co.jp/lacerise/fab-11253/

大判ブランケットはベッドカバーやソファカバーなどマルチなシーンで活用できます。大き目な編み目のニット素材なのでやさしい印象でとってもおしゃれ。肌触りも心地よいアイテムです。

トーンを抑えたインテリアになじみやすいカラーなのでモノトーン部屋にぴったり。

海外インテリアを参考にモノトーン部屋をコーディネート

海外インテリアにはマネしたくなるモノトーン部屋がたくさん。

海外風のモノトーンインテリアをつくるコツは

  • 見せる壁インテリアを取り入れる
  • 物を置きすぎずシンプルにきめる
  • 壁紙を使っておしゃれさを演出

この3つがポイントになります。

モノトーン部屋は白、黒、グレーを基調にすると良いので、コーディネートが苦手でもマネしやすくなっているのでぜひやってみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました