珪藻土コースターが100均で買える!吸水速乾効果とお手入れ方法

100均雑貨

100均で待望の「珪藻土コースター」が買えるようになりました!

珪藻土は吸収性・速乾性に優れたアイテムなので、コースターだけでなくバスマットや調味料の乾燥剤などに幅広く活用されています。

最近はニトリや3COINS(スリーコインズ)などのプチプラショップでも見かけるようになりましたが、100円で購入できるのであればさらに気軽に試すことができます。

その使用感とお手入れ方法をまとめてチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

100均キャンドで買える珪藻土コースター

https://www.instagram.com/p/BP9lPcWD0QL/?taken-by=cando_official
出典:instagram.com
珪藻土コースターは100均「キャンドゥ」で見つけられるアイテムです。カラーは白と水色の2色から選べ、白は少しグレーよりの落ち着いたトーンです。水色はターコイズブルーのような爽やかな色合い。

珪藻土コースターはコップの水滴をぐんぐん吸収してくれるとっても優秀なアイテムです。

珪藻土シリーズ 洗面コップ置き

100均珪藻土コースター
100均で買える珪藻土アイテムの種類は、コースターの他に「洗面コップ置き」と「石けん置き」があります。

コースターは丸型タイプですが、洗面コップ置きは四角型。もちろん素材は同じ珪藻土なので、洗面コップ置きもコースターとして活用できます。

珪藻土シリーズ 石けん置き

100均珪藻土コースター
珪藻土シリーズの石けん置きは長方形型です。使い終わった石けんは水に濡れてヌメヌメしてしまいます。乾燥させないと水あかや赤カビが生えることも。

吸収性・速乾性の高い珪藻土タイルに置くことで、ヌメヌメしにくい環境をつくってくれます。

吸収性・速乾性の効果

100均珪藻土コースター
珪藻土で人気のブランドと言えば「soil(ソイル)」ですよね。soilで珪藻土コースターを買おうと思ったら1つ600円くらいのお値段です。

100均の珪藻土コースターはその1/6の価格「100円(税抜)」!

その効果が気になるという方は多いのではないでしょうか。

キャンドゥで買える珪藻土アイテムの素材は、珪藻土、石灰、植物繊維などが含まれています。soilのように珪藻土100%で作られているわけではありませんが、肌触りや質感は他の珪藻土アイテムとほとんど変わりません。

ただ、少し厚さが薄いかな?と感じるので、落としたりなど取り扱いには気をつけたいアイテムです。厚さは約5~6mmです。

スリーコインズの珪藻土と比較

100均珪藻土コースター
スリーコインズの珪藻土コースターと吸収性・速乾性を比べてみると、スリーコインズ商品の方が早く水を吸収し乾かしてくれました。

他のアイテムと比べて吸水や速乾のスピードは少し遅いようですが、100円でも珪藻土としてのお仕事はしっかりと発揮してくれますよ!

コースターとしての使い心地を考えると、十分な効果なのではないでしょうか。

3COINSの珪藻土コースターをチェック!
ニトリの珪藻土ブロックはこちら。調味料ボトルの中にぜひ♪

珪藻土が汚れたときのお手入れ方法

100均珪藻土コースター
珪藻土のお手入れ方法は、長持ちさせるために定期的に風通しの良いところで乾燥させてくださいね。夏場は2週間に1回、冬場は1週間に1回くらいの頻度がおすすめです。

珪藻土の表面が汚れたり吸水性が落ちた場合は、400番くらいの紙ヤスリで表面を削り乾いたタオルで拭くと良いですよ。

コーヒーなどがついたときはシミになることがあるので、早めにお手入れしてくださいね。

珪藻土の使い方注意ポイント

また、珪藻土は珪藻が化石になってできた堆積岩と呼ばれるものです。タイルのような素材なので強い力を与えると割れてしまうことがあります。

また、珪藻土にはとても小さな穴がたくさん開いています。そのため、界面活性剤を含む洗剤で洗うと目詰まりを起こしてしまうことがあります。

洗いたいときは水でササッとすすぐか、かたく絞ったタオルなどで拭き取るようにしてみてください。

大人気!100均の珪藻土コースター

100均,キャンドゥ,CANDO,100円ショップ
珪藻土コースターが100均で登場すると気軽に手に取りやすいのがうれしいですね!コースター以外にも洗面コップ置きや石けん置きなどシリーズが揃っています。活用シーンに合わせてサイズを選んでみてくださいね!

100円の珪藻土アイテムはキャンドゥで買えますが、人気のために品薄・売り切れしていることもあるようです。欲しい方は入荷のタイミングや在庫のある近くのショップを聞いてみると良いかもしれません。

とっても便利な珪藻土。ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

⇒脱毛サロンに通う時間がない!私が使っている「本格脱毛器」はコレ!